HOMEフォーカス記事一覧

Focus

フォーカス記事一覧

2017年7月13日

SS店頭のレギュラーが12週ぶりに値上がり ガソリン需要期の全国平均130.4円/ℓ

日本エネルギー経済研究所石油情報センターが7月12日に発表した7月10日時点のSS店頭市況は、レギュラーが12週振りに値上がりした。レギュラーの全国平均は130.4円/ℓで前週比+0.1円/ℓ値を上げた。ガソリン小売価格の都道府県別の値動きは、値上がりが21都県、横這いが12府県、値下がりが14道府県。最高値は、...

2017年7月10日

第22回世界石油会議イスタンブール大会開催 テーマは「Bridges to Our Energy Future」

第22回世界石油会議(WPC)が7月9日から13日にかけて、トルコのイスタンブールで開催されている。第22回のWPCのテーマは、「Bridges to Our Energy Future(未来のエネルギーへの架け橋」。日本からは、世界石油会議日本国内委員会事務局が主催して、展示会では、石油天然ガス・金属鉱物資源機...

2017年5月26日

OPEC定例総会で9ヵ月の減産延長 非OPECと172万b/d程度の減産延長も合意

OPECは5月25日、本部のあるオーストリアのウィーンで第172回定例総会を開催し、2017年1月からの減産が概ね良好に行われていることを確認したうえで、6月30日までの減産をさらに9ヵ月間延長することで合意した。また、総会後に非OPECとの減産閣僚級会合を開催し、石油市場における継続的な安定性を達成するため、2...

2017年5月15日

JXTGホールディングス 中期経営計画策定 経営統合でIFRS会計基準へ移行

JXTGホールディングスは5月12日、今年4月1日にJXホールディングスと東燃ゼネラル石油との経営統合により発足した2017年度から2019年度までの3ヵ年の中期経営計画を発表した。中計の基本方針は、「キャッシュフローと資本効率を重視した経営」の推進とし、基幹事業のエネルギー事業を中心に徹底した企業変革を実行し、...

2017年5月10日

昭シと出光 経営統合控え協働事業締結 ブライターエナジーアライアンスを始動

出光興産と昭和シェル石油は5月9日、経営統合に先立ち企業グループを形成して協働事業を強化・推進することに関して趣意書を締結した。両社は、協働事業を強化・推進するアライアンスを「ブライターエナジーアライアンス」と命名。同アライアンスは、アジア屈指の競争力を持つ企業グループとして、環境変化を先取りし、自己改革に取り組...

2017年4月24日

OPECと非OPEC 専門家会合で協調減産延長方針 5月のOPEC総会で最終合意の可能性高まる

OPECと非OPECは、4月21日にオーストリアのウィーンで専門家会合(Joint Technical Committee)を開いて、今年1月から6ヵ月間の協調減産をさらに6ヵ月間延長して、2017年12月までとする延長方針を示した。最終的な協調減産の6ヵ月延長の合意は、5月25日開催のOPEC総会で最終決定する...

2017年4月4日

国内最大の石油元売「JXTG エネルギー」誕生 石油製品販売シェア50%以上で変わる業界環境

JXTG ホールディングス(英文名:JXTG Holdings,Inc.)」は、4 月1 日に旧JX ホールディングスと旧東燃ゼネラル石油の経営統合により発足した。JXTG ホールディングスの木村康代表取締役会長は、「新しいステージ」に入ったとコメント。今までよりも高く拡がったステージに登り、高い志をもち、視野を...

2017年3月28日

OPECと非OPEC協調減産6月以降の延長検討 米在庫増での需給均衡の崩れ懸念

OPECと非OPECは、3月26日に協調減産監視委員会を議長国のクウェートで開催した。同日の協調減産監視委員会の会合は、クウェート、アルジェリア、ベネズエラ、ロシア、オマーンのほか、イラクとUAEの閣僚らが出席。2017年1月からの6ヵ月間の協調減産の延長について提案があり、翌4月の専門家会合で協調減産の提案に対...

2017年2月13日

IEA 1月減産順守率90%と発表 減産順守で上期在庫60万b/d減指摘

IEAは、2017年2月10日に発表した石油市場リポート(Oil Market Reportにおいて、OPECの2017年1月から6ヵ月間の減産について触れ、サウジアラビアの減産が合意を上回ったことで、1月の順守率が90%と過去最高であったことを示した。同リポートでは、「6ヵ月間の減産は、良いスタートを切ったよう...

2016年12月1日

OPEC第171回定例総会で8年振り減産合意 加盟国120万b/d減産の3,250万b/d上限

OPECは11月30日、オーストリアのウィーンで第171回定例総会を開催し、加盟国ごとに割り当てる具体的な生産量について協議した結果、2017年1月から半年間、加盟14ヵ国の生産水準を120万b/d減産し、3,250万b/dとすることで合意した。OPECが減産に踏み切るのは、リーマンショックのあった2008年12...

  1  2  3  4  5